So-net無料ブログ作成

上州-信州ツーリング [drive/touring]

クルマ仲間と共に、一泊のツーリングに出ました。

P1060210.jpg
P1060213.jpg
P1140723.jpg
P1140724.jpg
朝6時、関越自動車道/嵐山PAに集合したのは、suite-spiralさんのポルシェ・911カレラS・カブリオレ、ShimaさんのALPINAロードスター、私のポルシェ・ボクスター。
途中で雨がパラついていたこともあり、3台のオープンカーは幌を閉めたままでのスタートです。
渋滞もなく快調に走っていたのですが、未明の事故で通行止めとなっていた上信越自動車道は現場手前の松井田妙義ICから強制退出措置が執られており、ここで30分ほど無念の停滞となりました(涙)。
更に、ボクスターのTPMSがタイヤの空気圧低下を訴えていたため、松井田市郊外でピット・ストップ。
suite-spiralさんの新兵器、充電式エア・コンプレッサーで4輪とも素早く規定圧までチャージしてもらいました。
これは特にパンクなどのトラブルではなく、空気圧が低かったのをそのまま数ヶ月間も放置していた報いです。
みなさん、タイヤの空気は減ったらマメに充填しましょうね!(←って言える立場か)

P1060215.jpg
P1060219.jpg
トップを下ろした3台は倉渕まで出、榛名西麓広域農道を走ります。
この道は、ストレート&ルーズな他の広域農道とは明らかに異なる、2速⇔3速メインのワインディング・ロード。
トラフィックはゼロ、路面はドライ・コンディションですが、全般にアンジュレーションやギャップが少なくなく、イイ感じの左コーナーのクリッピング・ポイントに砂が溜まっているのもお約束です(汗)。
独りでストイックに走るのが楽しいこの道、仲間と共に駆け抜けるのもまた格別。
2台の走りとサウンドに目と耳とを奪われつつ、最後尾から懸命に喰らいついていきました。

P1060223.jpg
P1060229.jpg
P1140740.jpg
P1140739.jpg
広域農道の終着からK28→K58と結び、R406で須賀尾峠を越えていきます。
静かな峠の向こう側は路面にスピード・バンプが仕込まれている箇所もあるのですが、初めて走ったというお二人もこの峠道を気に入ってくれたようでした。
曇り&雨の予報から一転、頭上には青空が拡がり始め、暑いぐらいの陽射しが照りつけてきます。
R406で万座鹿沢口まで移動、K59を経て広域農道/つまごいパノラマライン・ノルドシュライフェ(北コース)に突入。
存分にファスト・ランを楽しんだところで小休止、晩夏の風が心地よい木陰で昼飯の算段を組みました。
K94で地蔵峠を越えると、その先は長野県。
連続する急勾配のヘアピン・カーブをことごとくやっつけて下界に出ると、先頭のsuite-spiralさんは静かな住宅街の駐車場に入るよう無線で誘導してくれました。
蕎麦倶楽部 井泉庵」は、蕎麦屋というよりは昭和の旧い一軒家と言った佇まい。
静かな部屋で地物野菜の天ぷらと、喉越しの良い蕎麦をいただきました。
いや~、満足です。

P1140743.jpg
P1060236.jpg
幹線道路を避けてK152で郊外路を走り、K40で蓼科方面へと緩やかに上っていきます。
周囲は高原の風景、気温も湿度も徐々に下がり始め、極めて爽快な空気の中を3台は走りました。
調子よく走っていると左手に「牛乳専科もうもう」が現れ、前を行くカレラSがドリフト気味に左折!(汗)
信じられないほど涼しく気持ちのいい風を浴びながら、ミルク感たっぷりのソフトクリームにありつきました。
なお例によってsuite-spiralさんは、2本買って両刀喰い。
せめて1本ずつ2回に分けて買えばいいのに・・・といつも諭すのですが、当人は聞く耳を持ちません。
ダラダラと溶けて手を汚す2本のソフトクリームを必死で舐める姿を見、ホラ言わんこっちゃない、とほくそ笑みを催すのでありました(笑)。
まだ13時を少し回ったばかりですが、Shimaさんの「温泉で汗を流してから昼寝したい」とのダメ人間的なオーダーが、満場一致で可決。
白樺湖を経由し、K192からK191で奥蓼科温泉郷に向かいます。

P1060249.jpg
P1140745.jpg
P1140746.jpg
細い一本道の突き当りにある「山の宿 明治温泉」に到着、部屋に通され荷を解き、浴衣に着替えて温泉へ。
鉄分たっぷりの源泉風呂は体温に近いレベルの温い湯で大変に心地よく、目を閉じると本当に眠ってしまいそうです。
部屋に戻ってもエアコン要らずの涼しさで、昼寝を貪るには最高のコンディション。
爆睡する2人を横目に私もついウトウトしてしまいましたが、夕刻の急な冷え込みで、寒さに思わず目が覚めました。
18時30分、静岡からALPINA B3 GT3をカッ飛ばしてM郎さんが到着!
全員が揃ったところで予想を上回る旨さの豪華な晩飯に舌鼓を打ち、食後は再びゆっくりと湯に浸かります。
ちなみに、もともと長湯のM郎さんは、1時間半もの間、風呂から出てきませんでした。
実際に、浴槽の中で就寝していたものと思われます(笑)。

---

P1060245.jpg
P1140749.jpg
曇り空の翌朝。
早起きして散策や朝風呂を堪能し、7時半から朝食です。
今もなおワーファリンを服[の]んでいる私は、大好きな納豆を食べることができません。
が、それ以外にも魅力的なおかずがたくさんあり、結果、ごはんを3杯も喰って腹がパンパンになるのです(笑)。
身支度を整えてチェック・アウト、夜露に濡れたウィンドウを拭き上げてから、4台は一斉にエンジンをスタートさせました。

P1060255.jpg
P1060256.jpg
R299/メルヘン街道を東に向かいます。
いつもはハイカーの車両が多く、前走車のペースに合わせざるを得ないことが多いこの道も、今日はほぼ完全なクリア・ラップ。
パイロット役を仰せつかった私、路面のバンプやクラックと燃料残とに注意を払いつつ、国道第2位の標高を誇る麦草峠へと駆け上がっていきました。
対向車やチャリンコに気をつけながらダウンヒル、「レストハウスふるさと」で小休止。
拡がる雲海の向こうには、浅間山の姿がありました。

P1060269.jpg
K480でR141まで下り、小海町のエネオスで全車ハイオク・ガソリン満タン。
快走するK124は明るいカントリー・ロードから一気に山の中へ入り、群馬県境を越えて山岳路をひたすら下っていきます。
オープンカーに乗っていると、ちょっとした空気の違いを肌で感じ取ることができるのですが、信州から上州へ戻った途端に空気は初秋から残暑へガラッと入れ替わり、湿度が一気に上がったのがわかりました。
再び先頭に立ってR299→R462と快走を続け、K71で土坂峠へアタック!
何度も走っている大好きな峠道ではありますが、今回は手術後初めてということもあり、従前よりも対向車への注意警戒を怠らずに気合いを入れて走ります。
おかげさまで、後続のShimaさんたちから「どう見ても完治している」との嬉しい太鼓判を頂戴することができました(笑)。

P1060280.jpg
P1140752.jpg
カレラSのテールを追い、2台のスペシャルなALPINAに追われながら、引き続き誰もいない山の中を走ります。
ホント、みんな良く走るよなぁと思わず苦笑いをしてしまいます。
K37を南下、R140から山村地帯に入って「そば処 和味」に到着しました。
4年前にsuite-spiralさんに連れてきてもらって以来ですが、相変わらず旨い蕎麦を喰わせてくれますねぇ。
朝飯を死ぬほど喰っていたので天ぷらは頼まなかったものの、盛りの良い蕎麦とセットの炊き込みご飯、トドメは秩父名物のみそポテトで、またもや腹が苦しくなりました(汗)。

ここで、解散。
R140で山梨へ抜けるというM郎さんと別れた3台は、延々と車列が連なるR299でチンタラ走行を余儀なくされますが、先頭のカレラSに従ってK53へと逃げ、峠越えを経て名栗川沿いを南下していきます。
R411方面へと向かうsuite-spiralさんを見送って、Shimaさんと私は圏央道/青梅ICから中央道へ。
交通量は多かったものの予想通り渋滞までには至らず、首都高4号線を経由してそれぞれの家路に就きました。


2日間の走行距離は、639km。
走行時間は11時間35分、平均速度は57km/h。
平均燃費は、10.6km/lでした。
suite-spiralさん、M郎さん、Shimaさん、どうもありがとうございました。
それにしても、山道ばっかり走りすぎです(笑)。

------

今回のツーリングは、私が心臓手術からほぼ3ヶ月を経過することに伴い、suite-spiralさんが「ツーリング解禁!」として企画してくれたものです。
術後初めて仲間と泊りがけで走りまくりましたが、ありがたいことに手術前と何ら変わることなく、大いに楽しむことができました。
ただ、3ヶ月経ったと言っても私はまだ薬を服んでいますし、胸骨をワイヤーで縛っていることに変わりはありません。
従って、事故った際の身体的ダメージ・リスクは従前よりも高いままでしょうけれど、ま、そんなことばかり言ってても仕方ないですからね(笑)。
これからは自身のクルマ・ライフに制約も制限もかけることなく、引き続きセイフティ・ファーストを旨としながら、ドライブやツーリングを楽しんでいきたいと思います。

nice!(7)  コメント(14) 

nice! 7

コメント 14

MT

走り始めましたね。
復活何よりです。ただ半年過ぎるまでは程々に。(笑)

最近は煽り運転が話題になり、車間に気を付ける日々です。煽られる人にも問題があると思うのですが、世間の風潮は煽るのが悪者という短絡的な見方が大勢になってます。走りにくい世の中になってきました。昔のように速い車、急いでる車が来たら道を譲るという簡単な事ですべてが解決すると思うのですが。
何はともあれお互いに気を付けて走りを楽しみましょう。(笑)
by MT (2019-09-04 13:55) 

wata

MTさん、こんにちは。

はい、おかげさまで解禁の運びとなりました。
ま、もともとゆっくり走っていましたから、解禁となってもゆっくり走るだけですけどね(笑)。
ただ、いつでもどこでもゆっくり走りゃイイってもんでもありませんよねぇ。
追越車線をバカ丸出しでチンタラ走っているようでは大迷惑ですし、場合によっては後続車に煽らせてしまうことにもなりかねません。
そんなことにならぬよう素早く追い越して、素早く走行車線に戻る。
当たり前のことですが、改めて徹底したいと思います!

by wata (2019-09-04 20:39) 

ガソリンはハイオク

wataさんこんちには
早めにチェックインして温泉+昼寝のプランもいいですね(笑)
ある意味贅沢な時間の過ごし方ですね。
来月中旬には屋根なしのクルマ納車予定なので是非試しみます。
by ガソリンはハイオク (2019-09-04 20:52) 

wata

ガソリンはハイオクさん、こんにちは。

この日は朝4時起きで山道ばかり走り回っていたもんですから、昼過ぎの時点でもう「おなかいっぱい」になっていたんです。
なので14時過ぎに宿へ入り、温泉⇒昼寝のダメ人間コースを満喫させていただいた次第です(笑)。
10月中旬であれば、屋根なしのクルマにとってはベスト・シーズンですね。
ダメ人間コース、是非お試しください!(笑)

by wata (2019-09-04 22:18) 

Shima

お疲れ様でした。後ろから追いかけていると以前よりも軽快に土坂を下るwataさんの姿を見て実は手術はうちらを出し抜くためのフェイクだったと確信しました。というのは冗談ですが、そのくらいの完治具合でWelcome back!です。 今回新たに昼寝という時間を提案させていただきましたが予想外にいい感じでしたね。また昼寝に行きましょう!!
by Shima (2019-09-04 23:22) 

wata

Shimaさん、こんにちは。

どうもおつかれさまでした。
土坂峠では、「もう治ったのでご心配なく!」的な感じをアピールしたくて、これまでになく真剣に走ってしまいました。
ホントは手術なんてしてないんじゃないの?とのコメントは、最大級の太鼓判として超うれしく思いましたよ(笑)。
早朝からガッツリ走る⇒早めにチェック・イン⇒温泉⇒昼寝・・・は、正しいワーク・フローだと思います。
ある意味、昼寝のために走ってるようなもんですからね(←そうか?)。

by wata (2019-09-05 20:24) 

K

リハビリの為?のドライブが何回か続き、ようやく、いつものメンバーでのツーリングですね!
気持ちやドライブフィールは術前に戻っているのだと思いますが、
くれぐれもワイヤー入りの胸部をご自愛下さいませ。
→昔に比べて、骨が固まるのは遅くなっているはずです、、、お互いに(泣)

近々、また行きましょう!
by K (2019-09-06 08:34) 

suite-spiral

奥蓼科までノーズを向けながら、両日ともビーナスラインをスルーするところが我々らしいですね。観光ツーリングではありませんから(笑)

リハビリの総仕上げには広域農道こそ相応しいとの勝手な解釈を入れたルーティングでしたが、バックミラーで、そしてテールを追い駆けながら見たサファイアブルーのboxsterの挙動には、ドライビングの歓びが投影されているようでした。仲間の復活が嬉しくて、私にとっても感慨深いドライビングとなりました。

残すところはロングツーリングのみですね。もうプランニングしているのでしょうが(笑)

by suite-spiral (2019-09-06 20:28) 

wata

Kさん、こんにちは。

はい、病理学的に「完治」したかどうかは正直よくわからないのですが、もうOKとしちゃいました(笑)。
万が一事故ったときに身体のダメージが大きくなる可能性はありますけど、そもそも事故らないように走ることに変わりはありませんからね。
いずれにせよ、普通に走れるようになったことは間違いありませんので、是非またご一緒させてください。
引き続き、お手柔らかに(汗)。

by wata (2019-09-06 20:31) 

wata

suite-spiralさん、こんにちは。

嬉しく楽しいツーリングを企画していただき、本当にありがとうございました!
退院後、ソロ・ドライブには何度か出ていますが、珠玉の広域農道群で共にドライビングに没入できる喜びはまた格別なものがありますね。
走りを第一義としながらも、その行程に旨い蕎麦やいい温泉宿を挟むことによって、極めて満足度の高い「大人の休日」を堪能させていただきました(笑)。
ロング・ツーリングにも出たいところですが・・・もう少し先ですかね(汗)。

by wata (2019-09-06 20:53) 

M郎

標高の高い明治温泉は、別世界のような涼しさで、温泉も良かったですね。山梨ルートR140は走り放題で大いに楽しんで帰りました。

手術前と変わらない走りを見せてもらい、本当に嬉しく思いました。走りは完全復活ですが、引き続きご自愛ください。





by M郎 (2019-09-07 00:29) 

wata

M郎さん、こんにちは。

おつかれさまでした!
R140/雁坂峠越えはいい感じのワインディング・ルートですから、空いていて何よりでした。
それにしても明治温泉は下界の暑さがウソのようで、夜は肌寒いくらいの冷え込みでしたね。
翌日は群馬県に入って急激に暑くなり、思わずUターンして長野に戻ろうかと思いましたよ(笑)。
私もようやく皆さんと一緒に走れるところまで回復しましたので、これからも遠慮なくおつき合いください!

by wata (2019-09-08 12:06) 

hightree

Wata san
ついに始まりましたね。
術後の泊まりツーリング。待ってました。
しかし凄いルートを走りますね。
毎回感心しながらルートをみております。
余り無理せず…と言ってもお仲間がそうはさせないでしょうが…笑
再開おめでとうございます。
また楽しく拝見させて下さい。
by hightree (2019-09-11 17:34) 

wata

hightreeさん、こんにちは。

「余り無理せず…と言ってもお仲間がそうはさせないでしょうが…」
⇒いや、全く以って仰るとおりでございます!(伏)
いずれにせよ、今回もまた素晴らしい道に恵まれて、とても楽しいツーリング・ルートとなりました。
わけのわからない広域農道や峠道ばかりですが、常人はともかく、走り好きの方にはきっと共感していただけることと思います。
引き続き、お互い楽しく走って行きましょう!

by wata (2019-09-11 22:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。