So-net無料ブログ作成

茨城-南福島リハビリ・ドライブ [drive/touring]

早朝、小雨のパラつく常磐自動車道を茨城県南部の土浦北ICでアウト。
今日はここから福島県まで、広域農道やローカル県道を結びまくり、カントリー・ロードを走り続ける所存です。

P1140632.jpg
P1140658.jpg
P1060152.jpg
P1060164.jpg
「フルーツライン」と呼ばれる広域農道、曇り空の気温は25℃。
幌が乾いたことを確認し、オープン・トップのスイッチを入れると、わずかに草の匂いが混じる湿った風がエアコンの空気を一気に押し出しました。
緑の田園地帯を貫くストレート主体の2車線路は交通量僅少、何度走っても実に快適です。
ハーフ・ウェットのK42/道祖神峠を2速メインで軽々とクリアしたボクスターは、笠間から「ビーフライン」に突入。
このルートも相変わらず素晴らしく、アップダウンの続く山間部をマイペースでひた走ることができました。

P1060171.jpg
P1140673.jpg
那珂川を越えると道は「グリーンふるさとライン」に名前を変え、久慈川を渡り更に北上を続けます。
水府中学校裏手の山道で広域農道の分断区間をパスし、再び明るい山間路に入りました。
やがて混走していたトラックやファミリーカーがいなくなると、前を行くバウハウス・デザインの初代アウディ・TTがペース・アップ!
TTの走りは極めてスムーズかつステディで、それはもう見ていて惚れ惚れとするほどです。
私もアクセル・オンで追いかけましたがまったく歯が立たず、コーナーの先に消えゆくTTのテールを捉えることができません(涙)。
とは言え勝手なランデブーは本当に楽しくて、R461で進路を左右に分けるまでの間、心躍るドライビング体験をさせてもらいました。

P1140678.jpg
P1140679.jpg
グリーンふるさとラインはR461を越えてなお続き、ボクスターは独り茨城県最北部の山中を走りまくります。
交通量はほぼゼロに等しく、そのためか路面にはギャップやアンジュレーションが修復されずに残っている箇所が少なくないのですが、それでもボクスターのトラクションが喪われることはまずありません。
空はいつの間にか晴れ渡り、激しい蝉の唄と共に晩夏の太陽が容赦なく照りつけてきます。
しかしながら気温はまだ30℃に届かず、木陰に入るとフッと涼しく感じられるほど。
フルーツ/ビーフ/グリーンふるさとの茨城縦断3ライン、合計130kmを走り切り、K10沿道のコイン精米所の軒先を借りて、持参したパウンド・ケーキを頬張りました。
いやはや、最高ですなぁ。

P1140690.jpg
P1140693.jpg
P1140700.jpg
P1140701.jpg
P1060182.jpg
福島県に入り、K20をセレクト。
恐らく初めて走る道なのですが、街を離れると交通量は激減し、稲穂の絨毯を突っ切るようにして緑の山へと向かっていきます。
やがて道は1.5車線となり、峠へと駆け上がるタイトなワインディング・ロードに変貌しました。
いや~、予想通りイイ道です。
トンネルを抜けて山を下り、小さな集落を後にして川沿いの道を尚も進もうとしたのですが、その先は無念の通行止め。
無人の舗装林道でK135へと迂回、苔が生え落石が散乱する山道を抜けてK20に戻りました。

P1060183.jpg
P1060190.jpg
P1060192.jpg
P1060195.jpg
DSC_0629.jpg
P1140704.jpg
時刻は11時前。
脇道にボクスターを乗り入れ、木陰でひとやすみしているうちに、だんだん腹が減ってきました。
R349を左折、この辺りには店なんか無いよなぁと思いながら走っていると、右手に「農家レストラン ぷろばんす亭」の看板を発見。
店のおばちゃんたち曰く、地物の食材を使った季節の田舎料理をバイキングで出しているとのことです。
サラダに漬物、煮物、ハンバーグ、ごはんに味噌汁など、特別なものは何もありません。
が、どれもこれもが本当に美味しくて、全品を2-3回ほどお代わりしてしまいました(笑)。
1人前1,200円と決して安くはありませんが、味だけでなくロケーションや雰囲気も含めて大満足。
いずれまた来よう、と思える店でした。

DSC_0634.jpg
北上はここまでとし、以降は南下のドライブです。
大好きなR349をひたすら・・・と思ったのですが、古殿でいったんK14へと逸れ、K135で山の中を走り、ツーリングマップルに記載のあった温泉「入道の湯」に立ち寄りました。
たいへん鄙びた山奥の一軒宿で、500円を払って入った風呂には私独り。
身体を洗って浸かった無色透明の温泉は微かに硫黄の匂いがし、ヌルヌルの浴感が何ともイイ感じです。
実は6月の開胸手術後、温泉に入るのはこれが初めてです。
退院後に一度だけ自宅で浴槽に浸かったのですが、胸骨が完全に接合していなかったためか、胸が圧迫されるような感じがして、以降はずっとシャワーで済ませていたのです。
しかし今日はもう、長湯をしても大丈夫。
嬉しいですねぇ。

P1140708.jpg
P1060205.jpg
P1140712.jpg
K71を西に走り、鮫川村でR349に復帰。
この「第一級のB級国道」は矢祭町までの山間エリアが本当に素晴らしく、変化に富んだ広狭混在のルートは何度走っても飽きることがありません。
適度な緊張感を伴いながら、ステアリング&ペダル&シフト・ワークを駆使してボクスターを走らせていると、文字通り「人車一体」となる瞬間が何度も訪れるのを感じることができる道なのです。
なお、この道が楽しいのは未改良区間が多く残ることもその要因のひとつなのですが、今回、数ヶ所で改良工事やバイパス化が進んでいるのを横目で見ながら走ることとなりました。
走りたい道がなくなる前に、また走りに行かなくちゃ。
そんなことを考えながら日立南太田ICまで走り、常磐道で家路に就きました。


本日の走行距離は、573km。
走行時間は8時間56分、平均速度は66km/h。
平均燃費は、11.5km/l。
「術後3ヶ月」まで、あと2週間です。

---

箱根奥多摩、および今回の茨城-南福島。
3回合計1,200km余のドライブによって、「走り」のリハビリテーションはほぼ完了したものと思われます。
加えて今回、温泉に浸かっても問題無いことがわかりました。
これからはデイ・ドライブのみならず、温泉療養を目的とした泊りがけのツーリングにも出なければなりませんね(笑)。

P1060200.jpg

nice!(7)  コメント(10) 

nice! 7

コメント 10

のり

ワタさん、リハビリ多すぎません。(笑)でも、順調な回復ぶり安心しました。私も愛車のwrxsti (9年目)のメンテ中で走ることができずフラストレーションがたまってます。いつの日かワタさんと走りたいです。
by のり (2019-08-27 18:22) 

nago

リハドライブ!順調に回復されている様子。 良かったですね!本当に良かった!

来月頭に、ご紹介して下されたカーカージャパンさんで後輪だけ交換してきます。
同じブルーボクスター (赤帆)です。

by nago (2019-08-27 21:59) 

wata

のりさん、こんにちは。

はい、完治の目安は術後3ヶ月と言われていますので、それまでは一応リハビリ期間とさせていただいております。
もはや、単なるエクスキューズになりつつありますけどね(笑)。
ニンゲンもクルマも健康が一番、のりさんのWRX STIもメンテが完了すれば再びカッ飛ばすことができますよね。
いつかご一緒できる日を楽しみにしています!

by wata (2019-08-27 22:43) 

wata

nagoさん、こんにちは。

お気遣いいただき、本当にありがとうございます。
建前上「リハビリ・ドライブ」と言ってますが、懸案だった温泉にも入れたので、もう大丈夫です。
それにしてもブルー・ボディに赤い幌とは、カラフルなボクスターですね!
カーカージャパンのスタッフの方々にも、よろしくお伝えください(笑)。

by wata (2019-08-27 22:44) 

junki

こんばんは。
今回「立ち寄り入浴」をされたとの事で、大きな収穫となった様ですね。
R461はだいぶ拡張整備されて来てますが、R349は写真にあります様に未だ背丈ほどの青看を見つけるのが楽しいですね。
鹿角平までは行った事ありますが、349でさえあれなのにそれから折れる険道農道に入るのはいつも躊躇してますので大変に参考になりました。
by junki (2019-08-28 21:55) 

wata

junkiさん、こんにちは。

そうですね、手術後は自宅の浴槽にさえも浸かっていませんでしたので、今回の温泉はしみじみと嬉しかったです(笑)。
それにしても、junkiさんもR349の楽しさをお解りいただいているようで、正にご同慶の至りです。
分岐する怪しい道もたくさんありますが、立ち往生するようなことはありませんので、どうぞご安心ください(笑)。

by wata (2019-08-28 22:36) 

ガソリンはハイオク

wataさん こんちには
ブログを見る限りリハビリはいい感じに進んでますね。
しかしながらリハビリ目的でK20→K135
wataさんも物好きですね。(自分もか(笑))
by ガソリンはハイオク (2019-08-30 23:52) 

wata

ガソリンはハイオクさん、こんにちは。

南福島エリアには、楽しい県道がたくさんあるんですねぇ。
走り放題の快走路だったり、アドベンチャー感満載の山峡路だったり、今回も大いに楽しむことができました。
おかげさまでドライブも温泉もまったく問題ありませんでしたので、「リハビリ」と言うのはそろそろやめようかと思ってます(笑)。

by wata (2019-09-01 23:15) 

ラビー

フルーツライン~貸し切り状態でとても気持ちよさそうです。
通行止めとか落石とか苔とかお約束ですね(笑

スクロールして出てくる写真に「おっ」とか「あっ」とか、
いつも通りのリアクションで楽しませていただきました(笑

今月は連休もあるし、温泉療養お泊り快走路走り放題、なんていいですね(爆
by ラビー (2019-09-03 09:17) 

wata

ラビーさん、こんにちは。

茨城縦断3ラインは、関東にこんな走り放題のロング・ランがあっていいのか?と走るたびに思います。
東北や中国地方の広域農道群に匹敵する規模ですからねぇ。
怪しげな脇道に入って落石や通行止めの憂き目に遭うのも、キライじゃありません(笑)。
9月の連休は・・・自宅でゴロゴロしていると思います(←ホントか?)。

by wata (2019-09-03 20:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。