So-net無料ブログ作成

磐梯・会津・栃木ドライブ [drive/touring]

それは、週末の夜に来着した一通のメールから始まりました。

s:明日、裏磐梯一緒に走ってくれる人なんていませんよねぇ(笑)
w:いますよ(笑)。何時にどこへ行けばいいですか?
M:ここにもいますよ!今日は宇都宮に宿泊しています。
s:マジですか?私、いま白布温泉に泊まってます。

ということで朝8時前、福島県二本松市の「セブン-イレブン 二本松藤太郎内店」に到着。
渋滞が始まる前に自宅から東北自動車道を経由して270kmほど走ってきたのですが、もちろんここは目的地ではなく、単なる集合地点に過ぎません。
言いだしっぺのsuite-spiralさんはRUF Rt12を駆っての一泊ツーリングの二日目、ALPINA B3 GT3のM郎さんに至っては一週間の東北GTの最終日に宇都宮からUターンしての参戦だと言いますから、まったくどうかしています(笑)。
ツーリングマップル」を開いてルートを検討、Rt12、B3 GT3、ボクスターのオーダーで、まずはR459を磐梯方面へと駆け上がっていきました。

P1040379.jpg
R115との交点、ここを左に行けば、登坂車線つきの快適な土湯バイパス。
先行車両は全て当然の如く新道へと入っていきますが、しかし我々は走りに来たのであって、オッサン3人で裏磐梯観光をするために来たのではありません。
直進、加速する2台のテールを追って、スポーツプラス・モードのスイッチを入れたボクスターのガス・ペダルを踏みつけました。
誰もいない木洩れ日の旧道はロード・コンディションも良く、2速⇔3速とギアを切り替えながら、次々に現れるコーナーへとステアリングを斬り込んでいく楽しさったらありません。
しかもRt12とB3 GT3という超レアなツー・ショットをフロント・スクリーンに映し、かつそのサウンドをオープン・トップの空から浴び続けているのです。
そんな幸せ者は、世界中で私ただ一人だけでしょう(笑)。
気温は23℃、素晴らしく涼しい森の中のワインディングを、3台は駆け抜けていきました。

P1040396.jpg
引き続きsuite-spiralさんのアテンドで、K70/磐梯吾妻レークラインに突入します。
観光シーズンまっただ中の元観光有料道路にもかかわらず、ほぼクリア・ラップを取ることができたのは嬉しい誤算でした。
中速コーナーがメインでアップ・ダウンにも恵まれたルートですが、650ps/870Nmのモンスターであれば、3速、或いは4速に入れっ放しでも、尋常ではないペースで走ることができるはず。
なのにこの紅いRt12のオーナー・ドライバーは、スリー・ペダルとギア・スティックを駆使するシフト・ダウン行為そのものと、アスファルトを削るツインターボ・パワーの制御と解放とを楽しむためだけに、必要もないのにコーナー手前でわざわざ2速にまで落としているのです(汗)。
斯く言う私もトランス状態近くまでボクスターのドライビングに没入、あわや昇天となる寸前に、かろうじて涼風峠のパーキングに滑り込みました。
いや~ヤバい、めちゃくちゃ楽しい!
一般道なのにフロント・セクションを虫だらけにしている3台は、いつにも増してカッコ良く見えました(笑)。

P1040400.jpg
P1040403.jpg
P1040404.jpg
ここからは私がパイロットを任せていただき、先頭に立ちました。
R459を西へ、裏磐梯から喜多方市内に下ると、気温は一気に30℃を越え、信号待ちの直射日光がキツく感じられるようになってきます。
が、街を出ると道は誰もいない広狭混在のカントリー&ワインディング・ロードとなり、暑さも吹っ飛ぶファスト・ドライブが続きました。
ちょうど昼時にもなったため、「そばの里」と呼ばれる喜多方市山都町の宮古で昼飯を喰うこととします。
suite-spiralさんは初めて、M郎さんは二回目、私は三回目となる「懐石そば かわまえ」の大広間には、涼しい風が通っていました。
名物の懐石コースではなく、天ぷら蕎麦のセットを頼んだのですが、トロトロの刺身こんにゃくや山盛りの漬物、会津伝統料理のこづゆなどが供されてから、野菜中心の天ぷらと共に他店では大盛りレベルの短く瑞々しい蕎麦がドーンと出てきます。
雰囲気も味も量も言うことなしですから、体重増加によるパワー・ウェイト・レシオの悪化も許容せざるを得ませんね(笑)。

P1040414.jpg
膨れた腹をさすりつつ、食後のルート会議を経てリスタート。
幅員の広狭にこだわらず(汗)南へ下ることとし、B3 GT3、Rt12、ボクスターの順に無人のK361→K367を走っていきます。
いずれも初めての道ですが、開放的なストレートや屈曲のコーナー群に恵まれて、走り放題走ることができました。
野沢からは、R400をセレクト。
私は5月に一度だけ反対から走った際の印象がとても良く、同じ穴の貉であるお二人にもやはり喜んでいただけた模様です(笑)。
その先、K59→K153とひた走るうちに山はどんどん深く、道は徐々に細くなり、県道の終着点から続く不動沢林道は、ほぼリアル一車線。
路面状態は望外に良く、生い茂る路傍の草もキレイに刈ってくれてはいるのですが、ところどころに砕けた落石が散っていたりするため、注意を怠らぬようにして大辺峠を越えていきました。

P1040420.jpg
無事に下界へ出たところで、ボクスターのマルチ・ファンクション・ディスプレイに要給油マークが点灯。
昭和村のJA-SSで3台にハイオク・ガソリンを満たしたところで、以降のルートを検討しました。
うーん、どこかで東に曲がって東北道を目指さないとなぁ・・・などとツーリングマップルのページを南へ繰っていくと、「日光霧降高原・大笹牧場」の文字を発見。

「大笹牧場と言えば、ソフトクリーム・・・」
「ソフトクリーム、喰いたいですねぇ」
「いいですね、行きましょう!」

P1040421.jpg
P1040423.jpg
そんなプロセスでルートが決定(笑)、R400で南へと快走し、南会津町からはR121にスイッチします。
しかしさすがにメインの観光ルートではチンタラ走行が炸裂、35℃クラスの暑さにも負けて屋根を閉めエアコンを入れるや否や、強烈な睡魔が襲い掛かってきました。
抵抗も空しく眠気は限界を迎え、どこかで仮眠を取るから先に行ってもらおうとトランシーバのハンド・マイクを手にしたその矢先、先頭のRt12が砂塵を上げて五十里湖対岸の旧道へと左折したのです。
そうこなくっちゃ!とばかりに交通量ゼロの荒れたワインディングで睡魔を葬り去った私は再びボクスターの屋根を開け放ち、続くK23で3台は怒りのフル・スロットル。
そのままの勢いで屈曲のK169を駆け上がり、大笹牧場のレストハウスでソフトクリームにありつくことができたのでした。
もちろんsuite-spiralさんは前回前々回に引き続き、漢[おとこ]の2本買いです(汗)。

時刻は16時を回りました。
通常、週末のデイ・ドライブは、高速道路の渋滞回避を第一義として、早朝から走って昼飯を喰ったらとっとと帰路に就くのをルーティーンとしています。
ところがこの日は東北道の上り線に渋滞予測は出ていなかったため、帰る時間をあまり気にせず走っていたのです。
じゃ、温泉にでも行こうということになり、チンタラ観光ルートの霧降高原道路を避け、狭い裏山道とでも呼ぶべきK245で市街地方面へと下山。
入場料510円、日光和の代温泉「やしおの湯」は、公共の温泉施設らしく家族連れなどで大変賑わっています。
汗にまみれた全身をゴシゴシ洗い、露天風呂で寛いで、大いにリフレッシュすることができました。

「いやー、さっぱりした」
「しかし腹減ったなぁ」
「じゃ、宇都宮で餃子でも?」
「お、いいですねぇ」
「昨日、宇都宮で餃子を喰ったんですが、あまり旨くなくて」
「街中にある『めんめん』という店が旨いですよ」
「でも、宇都宮市内は今日はお祭りで交通規制だと聞きました」
「ってことは、他の店もダメですね。どこか郊外で喰えるところがあれば・・・」
「検索したら『めんめん別邸』という店が出てきましたよ」
「支店なのかな?宇都宮からずいぶん離れてるけど」
「ま、とりあえず行ってみましょう」

P1040428.jpg
P1040429.jpg
日光宇都宮道路、東北道と乗り継いで、鹿沼ICでアウト。
カーナビの指示に従い下野市までの55kmを走ってきた3台は、こんな畑の真ん中に店があるのか?的なロケーションにある真新しい建屋の「めんめん別邸」に到着しました。
本店と同じく、宇都宮餃子としては珍しい羽根つきの餃子は、ヤケドに注意レベルのアツアツ肉汁がタップリ。
しっかり味のチャーハンと共に一人二皿ずつを平らげ、大満足で店を出ます。
店の前で再走を誓って解散、最寄の壬生ICから北関東自動車道に乗り、流れの良い東北道でそれぞれの家路に就きました。


本日の走行距離は、793km。
走行時間は10時間21分、平均速度は78km/h。
平均燃費は、11.2km/lでした。

------

いやはや、良く走りました。
一泊ツーリングのsuite-spiralさんや、東北GT最終日でかつ静岡まで帰ったM郎さんが、それぞれどんだけ走っているのか見当もつきませんが(震)、日帰りの私でさえ800km近くを走らせてもらっています。
とは言え、走りの満足度は、距離や時間、速度や燃費などよりも、むしろ数値に表すことのできないファクターに大きく左右されるんですよね。
その点、ルートや天候、昼飯&晩飯に温泉、そして何よりメンバーに恵まれた今回もまた、記憶に残るであろう素晴らしいドライブとなりました。
ホント、めちゃくちゃ楽しかったです!

P1040398.jpg

nice!(9)  コメント(14) 

nice! 9

コメント 14

つくばの松

今回もよく走り、よく食べましたね(笑)

そういえば某氏は確かにWソフトでした、あの方は燃焼効率がいいんですね(羨)。私も仕事で宇都宮へ行ったときはよくラーメンも旨いし「めんめん」行きますが、別邸があるのは知りませんでした。今度調査してみます・・
by つくばの松 (2018-08-13 06:48) 

Shima

わー、餃子旨そうですね。当日は別件で同行叶いませんでしたが暑さもピークは過ぎそうなのでそろそろいろんなとこに出撃ですかね。。
ソフトクリーム2本買いはこの暑さで溶けて手がべとべとになった姿が容易に想像できます。。
by Shima (2018-08-13 16:44) 

suite-spiral

思いがけず、こんなに走れるなど、メールした本人が驚く程でしたが、その素晴らしさは宛ら、G.H.I.Sといったところでしょうか。

想定外の快走続きで、M郎さんが振り出しに戻る、という洒落たエンディングに繋がりましたね(笑)

しかし、手動ブリッピングを無駄に重ねて駆け抜けたレイクラインは、トランス状態に陥るほどLHD/MTの愉しさに酔えたステージでした。まだあの時の感触が色濃く残っています。

前夜19:50のメールでこんなに走り合えるなんて最高です。次は私が応えることと致しましょう。例えそれが佐田岬であったとしても(笑)

by suite-spiral (2018-08-13 19:31) 

wata

つくばの松さん、こんにちは。

自分の足で走っているわけではないのに、楽しくドライブしていると腹が減るのは何故なんでしょうね(笑)。
「めんめん」は、勤務している会社の栃木支店から話を聞いており、7月に一度喰いに行ったのですが、餃子はもちろん酸辣湯麺もとても旨かったです。
別邸は、房総半島の奥地にある「らーめん八平(アリランラーメン)」のようなロケーションですので、頑張って探してみてください(笑)。
なお、この時期の「両手にソフト」は、溶けないうちに食べ切るのがほぼ不可能であることがよくわかりました。
お勧めしません(キッパリ)。

by wata (2018-08-13 21:28) 

wata

Shimaさん、こんにちは。

今回は残念でしたが、盆も明けて過ごしやすくなったら、また屋根を開けて走りに行きましょう。
宇都宮には他にも安くて旨い餃子屋がたくさんありますけど、我々のようにクルマで動くことを考えると、街中よりも駐車場つきの郊外店のほうがありがたいんですよね。
このエリアを走るのであれば、「昼蕎麦+夕風呂+夜餃子」は大いにアリだと思いました(笑)。
ちなみにソフトを2本喰うなら1本ずつ買えばいいのに、とssさんにはいつも忠告するのですが、両手に持って喰うのが子供のころからの夢だったとのことで、何度言ってもダメなんです(涙)。

by wata (2018-08-13 21:28) 

wata

suite-spiralさん、こんにちは。

おつかれさまでした&ありがとうございました!
近場を独りで軽く走ろうと思っていただけの週末が、suite-spiralさんからのメールで最高の一日となりましたよ。
冗談半分のお誘いメールだったようですが、我々には通じませんのでご承知おき下さい(笑)。
しかし仰るとおり、裏磐梯は観光シーズン真っ只中と思えないほどの快走っぷりでしたね。
R115が高規格のバイパスになってからクルマの流れが大きく変わり、旧道だけでなくレークラインも交通量がガクッと減ったように思えるのですが、いずれにせよ大変ありがたいことです(笑)。
「佐田岬集合」はカンベンですが(汗)、いずれまた、フル・デイ・ドライブに行きましょう!

by wata (2018-08-13 21:28) 

M郎

東北GTの最終日は宇都宮からのんびりと帰る予定だったのに・・・。
1本のメールのおかげで本当に楽しい1日となりました。また、いままでになかったフルに1日遊ぶというパターンも良かったですね。いつもなら帰りの高速道路は眠くなるのですが、温泉あがりの心地良さ、リベンジした美味しい餃子、なによりも走りが最高で、1人ニヤケながら帰りました。また遊んでくださいね。

by M郎 (2018-08-14 11:13) 

wata

M郎さん、こんにちは。

本当におつかれさまでした(笑)。
しかし、宇都宮からUターンして日本松まで150kmも戻るとは、やはり常人とは思えません。
ご苦労だったかもしれませんが、一緒に走ってくれたおかげで私は大いに楽しませていただきました。
朝っぱらからハードに走っていても、楽しければ眠くはならないんですよね。
その代わり、チンタラ走行を強いられたりするとたちまち睡魔に襲われますので、ゆっくりよりも速く走る方が安全なのだと思っています(笑)。

by wata (2018-08-14 23:16) 

kami

あれ?明日の朝は佐多岬集合でいですよ?(爆

相変わらず良いルートを快走していますね〜!。
自分は最近全く走れてません。(涙
明日鹿児島から埼玉へ戻りますが、高速オンリーである意味走りまくりです。。。

by kami (2018-08-15 16:06) 

wata

kamiさん、こんにちは。

おぉ、今年もまたBMW M4クーペで埼玉⇔鹿児島間を爆走ですか!
九州はいいですよね~。
さすがに遠くてなかなか走りに行けませんので、毎年鹿児島を往復されるkamiさんは本当に凄いと思います。
それにしても、片道1,400kmのハイウェイを10時間ぐらいで一気に走ってしまうなんて、私のような常人にはとてもマネのできるようなことではございません(震)。
どうぞ気をつけてお帰りになってください(祈)。

by wata (2018-08-15 19:40) 

Sho-z

ルートマップも合わせて拝見しましたが、裏磐梯エリアを走り、ラストが宇都宮餃子とは(!)相変わらず走り過ぎなところが最高ですね(笑)
加えて広狭混在・フロントタイヤがブチぎれそうなルートがとっても楽しそうです。
朝スタートの晩飯までという丸一日プランは充実感たっぷりなので、最近私もお気に入りだったりします。(ちょっと疲れますが)
快音系マシンが連なるドライブは最後尾が特等席・・・のはずですが、私の場合は後方に居ても前走車を追いかけるのが精一杯で、音を楽しむどころではないことが多いのですよねえ(涙)
by Sho-z (2018-08-18 00:34) 

wata

Sho-zさん、こんにちは。

そうそう、オッサンは渋滞にちょっとハマっただけでヘトヘトになってしまうので、いつもサッサと帰ってくるんです。
でもこの日は夜までたっぷり、骨の髄までしゃぶりつくしましたよ(笑)。
今回もとてもいいルートでしたので、もしもまだ走っていないようであれば、是非ともS2000をカッ飛ばしに行ってみてください。
最後尾で他人の音を聞くより、自身のVTECサウンドがイチバンですよね、きっと!

by wata (2018-08-18 19:56) 

ラビー

木漏れ日いっぱいの旧道ドライブ、楽しいだろうな~、気持ちいいだろうな~。
夜のメールで早朝集合、お仲間との1日ドライブ(美味しいもの付)、うらやましいかぎりです。

土曜日、私も林道ドライブと美味しいものを堪能しまして、
帰宅後、楽しかったね~っと話しながらブログを見たら、
「明日大黒」の文字を発見!しかしながら、
「明日は家事」楽しいは、れんちゃんでは無理~(泣
青いボクスターの横に立つ、Wataさんにお会いできるのはいつかなぁ・・・う~む(笑

by ラビー (2018-08-21 14:12) 

wata

ラビーさん、こんにちは。

はい、「ラビー家のアドベンチャー・ドライブ記(?)」は毎度欠かさず拝見しておりますが、今回は奥鬼怒林道を走られましたか・・・。
ラビーさんも大いに楽しまれたようで何よりですけど、助手席に奥さんを乗せてあんな道を爆走したら、実家へ帰られちゃいますよ、普通(汗)。
それに比べりゃ大黒はとても平和ですし、今回もご夫婦で来られた方もいらっしゃいましたので、タイミングが合えば是非どうぞ。
朝からやってますので、家事は大黒後でも十分間に合いますよ(笑)。

by wata (2018-08-21 20:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。